正しい知識を持つ

包茎手術が必要と判断される包茎というのは、どういった状態の包茎なのかとても気になるところだと思われます。
包茎手術が必要とされる包茎に「カントン包茎」ということがあります。

「カントン包茎」を簡単に説明しますと、亀頭を包む包皮の包皮口が狭いという症状であり、仮性包茎のように包皮を剥いたときに、とても窮屈な感覚を持ってしまうのがこの「カントン包茎」というものになります。
これも軽度であれば、多少の違和感程度で済むのですが、これが重度の「カントン包茎」になってくると、勃起をすると激痛を起こしてしまったり、亀頭を出すと元に戻らなくなってしまうということになってしまうのです。
こうなってしまった「カントン包茎」には手術が必要になってきます。

包皮口を広げて、亀頭が引っかからなくなるように手術でしてあげなければなくなります。
こういった重度の「カントン包茎」は性行為はもちろんのこと、排尿の際にも困難になってきてしまうのです。
こういった症状になってしまった場合は、すみやかに病院で何かしらの処置が必要になります。

我慢して放置していれば、さらに悪化してしまう恐れもあるのです。
亀頭が窮屈ということは、その中にある血管を圧迫していることになりますので、他の病気が必ずといっていいほど併発してしまいます。
手遅れにならないうちに手術が必要なのです。

真性包茎や仮性包茎という種類の包茎はとてもポピュラーのように感じますが、「カントン包茎」というものは知らないという人もたくさんいます。
正しい知識を持って、手術に関することは医師との相談が大事になってくるのです。


[特選外部サイト]
包茎手術に関することを気軽に医師と無料相談出来る包茎専門クリニックです ⇒ 包茎専門クリニック